Skip to content

看護師の面接

アベノミクスによる経済効果やオリンピックの東京招致などにより、日本の求人状況はいくらか改善の兆しが見られます。
しかし、派遣法の改正など、日本の非正規雇用者の割合は益々増えていて、将来に渡って安定した職場を求めることはとても困難な時代です。
その為、大学などの進路相談では、履歴書の書き方や面接指導などを積極的に行って、面接における折角のチャンスをものにできる様対策を考えております。
そんな中、医師や看護師の求人においては、深刻な人材不足により、地域での引き抜きも盛んに行われていて、唯一の働き手市場にあります。
その為、面接時の服装や態度など、余程の不適当な行動がなければ、ほぼ間違いなく採用されるでしょう。
それでも、面接は会社が採用判断を下す為にあるのではなく、志望側も面接によって会社の概要をよく理解し、複数の職場がある時には、その最終決定を下す上でとても重要なイベントです。
ですから、看護師の様に働き手市場となっている求人では、予め応募する職場の内容をよく理解し、その上で疑問点を持つことがとても大切です。
給与体系や社会保障、福利厚生や有給休暇などの扱い等、その他にも採用された後にそんな筈ではと思わないよう、むしろ働き手が積極的に質問をすることが許される職業です。
また、働き手市場と呼ばれる看護師の求人においても、職場によってはとても人気が高く、求人倍率の高い職場もあります。
その様な職場を希望する場合は、他の就活者と同じように、面接時における対応や対策を考える必要があります。